calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

 









 

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表






gogo.gs

点取り占い

点取り占いブログパーツ





ジオターゲティング



Yahoo! トピックス







スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ  にほんブログ村 競馬ブログへ
  • 2015.10.17 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
  • 0

    『フォッサム・フリップ』を初披露か?

    (V)o¥o(V)フォッフォッフォ阪神・フォッサム、15日G戦で初先発
     残り1枠へ。虎の助っ人投手2人が、15日に1、2軍で先発する予定であることが12日、分かった。1軍帯同中のケーシー・フォッサム投手(32)は15日の巨人戦(東京D)。新加入のジェイソン・スタンリッジ投手(28)も、同日にウエスタン広島戦(甲子園)に先発し、1軍をうかがう。
     激しい競争こそ、チーム力を底上げする。『助っ人』といわれる外国人も同じだ。フォッサムとスタンリッジ。どちらがローテをつかむか。まずは15日、巨人との3戦目(東京D)でフォッサムが来日初先発に挑む。
    (サンケイスポーツ)


    わからん…、讀賣に勝つ気が無いのか(笑)。
    15日は安藤でええやん、讀賣は内海、ゴンザレスを中5日で回してくるらしいぞ!!

    個人的には今週は

     讀賣3連戦:能見、久保、安藤
     横浜3連戦;上園、下柳、鶴(または中4日で能見)

    でええかと思う
    だってファームでもフォッサムより鶴のほうが結果出してるしな。

    今後考えると週末に上位チームとの対戦が出てくるので、能見を中4日で週末にずらし、そこから中5日で中日(4/24)、讀賣(4/30)と回していったほうがええんでは?
    ちょっと能見はしんどいかもしれんが、交流戦に入るまでに先発を立て直すためには誰かが軸になって動く必要はあると思うからね。


    で、フォッサムですがファームではそれなり結果を出してるらしい。

     2試合1勝 防御率:1.64(11イニング2失点)

    なるほど、確かに数字はええなぁ。
    ただオープン戦時の印象があるから…、どう修正してきてくれているのか?

    空を駆け抜ける〜♪オリが95年の復刻版ユニホームを着用
     オリックスは12日、交流戦期間中の5月30日のヤクルト戦(スカイマークスタジアム)を「がんばろうKOBEデー」とし、阪神大震災のあった1995年にリーグ優勝し、日本シリーズでヤクルトと対戦した当時の復刻版ユニホームを着用すると発表した。
     震災から15年を迎えた今季、当時のメンバーだった岡田監督や田口の復帰を受けて実現。当日使用したユニホームはチャリティー販売に出され、売上金の一部が復興関連団体に寄付される。
    (サンケイスポーツ)


    あらぁ〜、1週前やったらよかったのに…。

    せっかく今度初のスカイマークに参戦するのに…、惜しいなぁ…。

    という訳で…




    1年ずれてますが、まぁメンバーはほとんど変わらない強かった頃のブルーウェーブの1-9。
    田口の応援歌がチャンテで復活しましたね!


    それにしても東西対抗…、懐かしいね。
    昔ふらっと草薙へ見に行った時が懐かしい。


    JUGEMテーマ:阪神タイガース

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ  にほんブログ村 競馬ブログへ

    スポンサーサイト

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ  にほんブログ村 競馬ブログへ
    • 2015.10.17 Saturday
    • -
    • 08:33
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク
    • 0

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック